ホームスポンサー広告 ≫ 介護中のイライラを予防する方法ホーム介護 ≫ 介護中のイライラを予防する方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★皆様の応援、感謝しています。
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


介護中のイライラを予防する方法


イライラする!


介護をしているとき、仕事をしているとき、家事をしているとき、

以前に比べて、イライラする頻度が増えました。
その最大の原因はストレスが溜まっていることでしょう。
イライラ


在宅介護を永く続けるには、ストレスと上手に付き合わなければいけません。
介護している時に、イライラを母親に向けることは最悪の事態です。

認知症の母を介護していると、自分の思うようには行動してくれません。
以前の私は乱暴な口調になったり、着替えを手伝うにも雑な対応をしてしまいました。

認知症の人を怒らせたり興奮させたり、その人の行動を否定する行為は、その進行を進めてしまいます。
これまでの介護の経験から、そのように感じます。

イライラを感じ、どうしようもなく感情が爆発しそうになった時は


・その場を離れる。

すぐに別の部屋に行き、1人静かに心を静めます。

・大声を出す。

枕に顔をうずめて思いっきり叫ぶ!

家の中でも大声を張り上げると、逆に母を刺激してしまいます。
それと近所迷惑になります。

・30回、腹筋をする。

腹筋することに気分が集中して、多少なりともイライラ感が鎮まります。

・甘いものを食べる。

お腹が空いてるとイライラしますよね。そんな時はバナナがお勧めです。
すぐに食べられるし、カルシウムの吸収を良くするマグネシウムが豊富に含まれています。

カルシウム不足はイライラの原因になります。


カルシウムには神経の興奮や緊張を緩和させる働きがあり、神経をしずめ心を落ち着かせる作用があります。
普段の生活でカルシウムを多く含む食材を摂ることは、イライラ予防に大切です。

調理せず手軽に摂れるのは

・チーズ
・牛乳
・イワシの丸干し

私は小腹が空くとイワシの丸干しを食べてます。
そのおかげで、スナック菓子はほとんど食べなくなりました。
ダイエットにも役立っています。

イライラストレスも全く感じず在宅介護を続けるのは不可能です。
ピークに達して爆発してしまったら、相手も自分も傷つきます。

そうなる前に、一人で抱え込んず出来る範囲の予防策を取らないといけませんね。

★皆様の応援、感謝しています。
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。